モノをつくる

ものづくりは人づくりから。心の偏差値の高い人を育てたい! /株式会社ミヤジマ

「お多賀さん」の名で親しまれる滋賀県第一の大社、多賀大社のおひざもとにある「株式会社ミヤジマ」(以下ミヤジマ)は、昭和4年(1929年)創業、今年で91年目を迎える鍛造(たんぞう)メーカーです。人に重きを置いた経営で、若手が活き活きと働ける魅力いっぱいの職場にお邪魔し、代表取締役の宮嶋誠一郎さんにお話を伺いました。

技術力・現場力・管理力・人財力の4拍子そろったミヤジマの強み

若い人が働きやすい職場環境づくりに徹底して取り組んできた代表取締役の宮嶋誠一郎さん。柔和な笑顔が素敵です。

「私たちは鍛造(たんぞう)という仕事をしています。鋳造(ちゅうぞう)は金属を溶かして型に流し込んで形を造るのに対し、鍛造は金属を加熱して柔らかくし、それを叩くことで金属の強度を高めて形を造ります」。

鍛造にはさまざまな成形の方法がありますが、ミヤジマでは、「据え込み」といって、軸方向に加圧して長さを減少させると同時に断面積を増大させる「アプセット鍛造」専門のメーカーとして、建設機械や工作機械、農業機械、各種バルブ、自動車、鉄道車両などさまざまな業界にシャフトの鍛造品を納めています。

「素材の無駄な削り出しをなくし、大物から小物、小ロットから量産品まで、あらゆるシャフト部品のアプセット鍛造に対応できる技術力があります。当社の鍛造工法により、材料費、金型費、機械加工費などを大幅に節約することができます」。

短納期対応や万一の設備故障にも対応できるよう13台もの鍛造機を保有し、現場の力を高めることで、安全性・品質・生産性(コスト競争力)などの高さにもつながっています。また、品質面ではISO9001、環境面ではエコアクション21の認証を取得し、世界に通用するマネジメントシステムを構築しています。

そして、何より力を入れているのが人財力。中小企業としてはダントツの時間、費用をかけてさまざまな社員教育を行っています。そのひとつが「ミヤジマism」と呼ばれる冊子です。

「ミヤジマism」を読めば、ピンチもチャンスに変えられる!?

宮嶋社長お気に入りの言葉 「ピンチピンチ チャンスチャンス ランランラン」。女子社員さんからの提案文とのことですが、確かにどんなピンチも前向きに乗り越えられそう!?

ミヤジマの企業理念を一冊の本にまとめたもので、126(イズム)の項目が掲載されています。毎日、朝礼で順番に読んで感想を述べることで、皆の心に徐々に浸透し、生き生きとした前向きな社風づくりに役立っています。

「お誕生日会」「親孝行手当」「保険積立」
オリジナリティ溢れる取り組みの数々で働きがいもアップ!

ビールとご馳走を前に、「親孝行手当」を手にする皆さん。羨ましすぎるー!

さらに、特筆すべきは福利厚生のユニークさ!ミヤジマでは毎月1回 、誕生日を迎える社員さんたちと社長で「お誕生会」を開催!担当部署も年齢もバラバラのメンバーですが、ふだん交流の少ない社員同士が会話する良いきっかけになり、誕生月が同じということで妙な結束も生まれます。お誕生日会では、宮嶋社長から全員に「親孝行手当」が手渡されます。

「親孝行手当」のレポートは大切にファイリング。両親とのお出かけや食事代、仏壇にお供えするお花代、技能実習生は母国の親に送金など、使い方はさまざまです。

「自分の誕生日を祝ってもらうと同時に、親への感謝の気持ちを忘れないようにとの思いで、この制度をはじめました。受け取った社員には、後日、どんな風に使ったかだけレポートしてもらっています」。

社員旅行で訪れた「宮古島」での集合写真。またまた羨ましすぎるー!

ほかにも、3日間の有給休暇と土日をあわせた5連休を年に2回、取得するよう推進する「リフレッシュ休暇制度」や「社員旅行」「日帰り工場見学研修」、退職金上乗せのための「保険積立」など、オリジナリティ溢れる社員想いの取り組みの数々によって、社内コミュニケーションも促進され、社員の安心感や働きがいもアップしています。

人材は何よりの財産!若い力がどんどん集まってます

滋賀県の魅力は、関西、関東、北陸エリアのどこに行くにも地の利があって便利。何より災害が少ないのがありがたいですね、と宮嶋社長。

「人を迎えるということは、その人の残りの人生、家族、すべてに責任をもつということ。だからこそ、こちらも覚悟がいります。いろんな改革をしてようやく若い人材が来てくれるようになったけど、ここまで来るのに、ほんと色々ありました」。

いくつもの苦々しい経験を経て、人材が何よりの財産だという思いに至った宮嶋社長。
風通しのよい職場には若い力がどんどん集まり、今では社員の平均年齢は36歳!

そんなエネルギッシュな社員の皆さんにもお話を聞きました。

将来は部署全体を引っ張っていけるような人材になりたい!

熱処理グループ 大前僚太さん(24歳、入社6年目)。
若いながらも勉強熱心で、国家検定の熱処理技能士1級にも合格。現場をぐいぐい引っ張ってくれる若手のホープです。

「材料、切断、鍛造、熱処理、加工という流れのなかで、ぼくは熱処理を担当しています。主に鉄を材料とする製品を熱し、赤くなったものを冷却することで、鉄を硬くしたり、柔らかくしたり、強度を増したり、摩耗に強くしたり、鉄に特性を与えます」。

高校にきた求人情報でミヤジマのことを知り、工場を見学しにきた大前さん。材料を削るのではなく、限られた資源の力を使って製品にする技術に惹かれ、入社を決めました。

熱処理炉で加熱した製品をクレーンで運ぶ様子。
製品は500度~1000℃の熱さなので、消防と同じくらいの装備を顔や腕にするそう。

「力仕事は大変ですが、職場の雰囲気はとても良いです。ようやく、先輩と同じように仕事ができるようになってきて、仕事を通じて自分の成長を感じています。もっともっと勉強して、将来は部署全体を引っ張っていけるような人材になれれば嬉しいです」。

若いながらも勉強熱心で、しっかりと将来を見据える大前さんは、まさに若手のホープ!

「社長、常務との距離が近いのも嬉しいです。気さくに声をかけてもらえると、ちゃんと見てもらっているんだなという安心感があります。ミヤジマは、ものだけじゃなくて、ひとも大事にできる会社だと思います」。

昨年転職してきたばかりの竹内さんにも、職場について聞いてみました。

転職して本当に良かった!周りの友達にも勧めています!

一部上場の大手スーパーでアルバイトを含め16年間勤務した後、昨年からミヤジマへ転職した鍛造グループ 竹内友作さん(32歳、入社2年目)。熱意と素直さはピカイチ。

「前職は大手スーパーで働いていました。アルバイトから念願の正社員にもなれたのですが、家族と休みが合わなくて一緒に出かけることができず、それで転職を考えだしました」。

もともと、ものづくりに興味があった竹内さん。せっかくなら未経験のことにチャレンジしてみたい!と考えていたところ、なんと、常務の宮嶋俊介さんの家がお向かいさんだったこともあり、縁あってミヤジマの社員になりました。

入社後、最初の3ヶ月間は、グループ会社である静岡県の東名鍛工株式会社で研修を受け、工場の真裏にある2LDKのマンションで常務と一緒に生活しながら、鉄の扱い方や出荷検査といった基本的な知識を叩き込みました。

「研修中は毎日、常務に手作り料理をふるまってもらいました(笑)。朝が早いのは辛かったですけど、周りの方にもあたたかく迎えいれていただき、不安なく過ごすことができました」。

トラクターシャフトの鍛造、1日で約200本を製造するとのこと。

入社してまだ2年目ですが、現在は、ハンマーを使って製品をつくりあげる仕事を任されています。同じ材料でも季節によって状態が変わるので、材料の飛び跳ね方や音を気にかけながら、ハンマーでたたく回数や高さを変えて調整しています。

「今はトラクターのシャフトを担当していますが、命に関わるような重要な部品も多いので、ひとつひとつ丁寧に良い製品をつくろうと心掛けています。肉体的には結構ハードなので、体型改造されてライザップいらずです(笑)」。

「リフレッシュ休暇制度」のおかげで家族一緒に連休が取れるようになり、家族も大喜び!次回は子供を連れてディズニーランドに行く予定です。

「転職して本当に良かったですし、周りの友達にもミヤジマで一緒に働かないか?って勧めています(笑)」。

最後に、人事もご担当されている宮嶋常務にお話を伺いました。

自分の存在次第で、一緒に会社を成長させることができる

常務の宮嶋俊介さん。大学時代はアメリカンフットボールの関西学生選抜に選ばれ、卒業後はNTTの営業マン、アメリカ村の服屋の店員、バーの店長と、その多彩な経歴を活かし!?同社の採用担当を任されています。

平成27年(2015年)、静岡県にある同じアプセット鍛造を専門とした東名鍛工株式会社の事業譲渡を受けたミヤジマ。当時は赤字経営、設備の状態も悪く、現場も汚いという状況だったところを、宮嶋常務がV字回復まで改善しました。

「今後も静岡の東名鍛工と連携しながら、よりお客様の要望に応えられる会社づくりをしていきたいと考えています。そのためには、めんどくさい仕事ほど積極的に請け負える、お客様のことを深く想像できる、心の偏差値が高い人材を育てたいと思っています」。

今回、募集する職種は、鍛造作業者、機械オペレーター、技術営業(弊社鍛造技術のPR)。

「会社の一歯車ではなく、自分という存在次第で、一緒に会社を成長させることができるのが中小企業の魅力です。不可能を可能にしようと思える人、自分の言葉できちんと意見を言える人であれば、未経験者でも大丈夫!ぜひ仲間になってほしい。細かいことは入ってから学んでもらえれば十分です」。

若手が活き活きと働ける魅力いっぱいのミヤジマでは、会社を一緒に成長させてくれるエネルギッシュな仲間を募集中です。

(文・濱崎 正子)

株式会社ミヤジマの求人詳細
法人名
株式会社ミヤジマ
募集業種
鍛造作業者、NC旋盤オペレーター、技術営業(弊社鍛造技術のPR)
雇用形態
正社員
応募資格
未経験可、経験者優遇
求める人物像
・頭のいい人よりおもしろい人 
・できないではなくどうすればできるか考えれる人
・決めたことは守れる素直な人 
・相手の立場に立てるやさしい人
勤務地
滋賀県犬上郡多賀町多賀1008番地
勤務時間
8:15〜17:00(実働8時間)
年間休日112日+α(社員旅行)
給与
<新卒採用>200,000円+各種手当て~
(年1回昇給。賞与あり2回/年)
<中途採用>経験考慮のうえ、弊社給与テーブルを基本に応相談
待遇
社会・労働保険加入、退職金制度、各種手当(皆勤・資格・目標達成等)、社内旅行(年1回)
WEBサイト
http://www.miyajima-jp.com/
メッセージ
弊社は「シャフト」の鍛造に特化し、会社は小さいながらも、国内大手メーカ様向けに、数多くのシャフトの鍛造品をご提供させて頂いております。人生色々ですが、会社の一歯車ではなく、自分という存在次第で、直接会社を成長させることができるのが中小企業の魅力であり、よろしければ、弊社のお仲間になって頂き、弊社を成長させて頂ければ大変嬉しく思います。
選考プロセス
①本サイト下部の応募フォームよりエントリーください。
②1週間以内に弊社、担当者から面接日のご連絡をいたします。
 <ご希望の場合、事前の会社見学も受け付けております>
③面接実施(2〜3回)※簡単な筆記試験もあり
④面接後、合否に関わらずご連絡いたします。
⑤職場体験トライアル開始(1週間程度)
⑥採用決定

株式会社ミヤジマへの応募について
1. ここで働いてみたい!という方

「自分に合ってるかも!」「ここで仕事してみたい!」そんな方は、求人応募のページへ。
しがと、しごと。の掲載企業に応募するボタン

2. 応募する前にもう少し詳しく知りたい、相談したい方

「記事がちょっと気になるので相談したい」「良さそうだと思うけど、自分に向いているかよくわからない」そんな方は、ご相談のページへ。
しがと、しごと。に相談するボタン

3. LINE@で気軽に相談したい方

「そもそも、これからの働き方について悩みがある」など、就活や転職・移住について、LINEアカウントでも匿名で相談できます!どうぞ気軽にご活用ください。しがと、しごと。のLine@登録ボタン

関連記事

  1. 高橋金属株式会社の外観

    モノをつくる

    大切なことを大切にする、本気で取り組む“働き甲斐No.1企業への挑戦”。

    「良い会社で働きたい」そんな言葉をよく耳にしますが、良い会社の定義って…

  2. 社長の佐野正一郎さん

    人とかかわる・つながる

    「庭師」という働き方

    日本庭園。それは日本書紀の時代からあったとされる日本独自の価値観が…

  3. 数々のバネ

    グローバルに活躍する

    見えないけれど奥深い“板バネ”の世界!ニッチな分野で社会を支える

    東近江市園町にある「宮川バネ工業」は、パナソニックや日本発条など大手メ…

  4. 伊藤佑では、将来に向けた『トータルカーサービス』を実現

    伝統を受けつぐ

    “人を喜ばせること”を一番に、滋賀で暮らしの“当たり前”を支える仕事

    滋賀県では「ないと暮らせない」とも言われる、車。1世帯あたりで、大…

  5. ドライフラワー等を入れ込んだ「ハコミドリ」。贈り物としても人気。

    おいしいをつくる

    【募集終了】人・情報・文化が行き交うアトリエで携わる作品づくり

    ※この記事の募集は終了しています。アトリエ、キッチン、ワークス…

しがと、しごと。に相談する

しがと、しごと。の掲載企業に応募する

求人記事

おすすめ記事

公式LINE@へも、気軽にご相談ください。

しがと、しごとのLINE@に登録する

法人

『しがと、しごと。』の新着情報は、SNSでも配信しています。

  1. 笑顔の社員のみなさん

    グローバルに活躍する

    米原で見つけた売上100億円の超優良企業!その実態に迫ってみました
  2. 大橋珍味堂株式会社

    おいしいをつくる

    「男の珍味」と「男気ある社長」が自慢! 笑顔の連鎖で商売繁盛
  3. おいしいをつくる

    「おいしい店」から「なじみの店」へ。 日本三大和牛の近江牛で、お腹と心を満たした…
  4. 鴨ロース

    おいしいをつくる

    鴨肉文化を長浜から、全国へ
  5. 工場見学1

    グローバルに活躍する

    20代が活躍できる職場ってどんなところ?秘密にせまる
PAGE TOP