モノをつくる

すべてはスピーカーからはじまった! 柔軟な思考と高い技術力で、もはやできないものはない。/日野精機株式会社

「日野精機にできないものはない」その自信の裏側には祖父の代から脈々と受け継いできた、ものづくりへの熱い想いがあります。

スピーカーの部品づくりからスタートし、全国の鉄道踏切に設置されているスピーカーの約8割のシェアを誇る日野精機株式会社。現在は音響機器のみならず、産業機器、医療機器の設計から成形、加工、塗装、組立に至るまで、そのすべてが自社生産。幅広い分野で私たちの暮らしを支える会社です。

代表取締役社長の福田さんにお話を伺いました。

ピンチこそ最大のチャンス!逆境に負けず、新分野に舵をきる。


惚れ惚れするほどダンディーな代表取締役社長の福田 弘さん。社長室も住みたいぐらいかっこいい!

「はじまりは祖父が京都の伏見で立ち上げた鋳造業です。機械部品加工を中心に滋賀の信楽、日野にも工場を立ち上げ事業拡大していくなか、日野工場の工場長だった父が独立し、1978年に日野精機株式会社が誕生しました」。はじめは、音響機器メーカーであるTOA株式会社からの製造委託を受け、スピーカー、拡声器などの部品をつくっていましたが、次第に製造、加工、組立、完成まで一貫して任せてもらえるようになりました。


ほぼ毎日フル稼働の無響室!スピーカーから出る音だけをひろって、音の検査をする部屋で、滋賀県にあるのはここだけ!

ところが、時代は変わり、つくれば売れる時代から、安くつくって利益をあげる海外調達の時代へ。取引先の製造拠点が海外へうつることになり、委託業務の90パーセントを失うことになります。

これまでに培った加工技術を活かし、音響機器じゃないものをつくろう!福田さんは新分野への進出を提案しますが、当時、社長だった父以外の経営陣からは猛反対されました。

「しんどくてやめたいと思ったこともありました。そんなとき、偶然、空港行きの列車で知り合ったある方をきっかけに、株式会社クボタの提案会で自主プレゼンする機会をもらい、新しい取引につながりました。今から20年前くらいの話ですけど、いろんな人の支えがあったからこそ、思いきって新分野に舵をきることもできました」。

否定からは何も生まれない。スピーカーから医療機器まで幅広いお得意さまを獲得!


熟練の技が必要!圧力と角度を調整して板を曲げる機械。

以降、自社にしかできない製品の開発を進め、産業機器や医療機器など、他分野のお得意さまを増やしてきました。TOAの製品も別ジャンルの受注が増え、現在はプラスチック塗装や加工も手がけるようになりました。

「スピーカーはいろんな部品から成り立っています。そのすべてを自社で生産してきたので、ダイカスト技術など、ひと通りのものづくりの技術をもっていることは大きな強みです。否定からは何も生まれないし、チャレンジしてみないとわかりません。できないものはないと思うと、おのずとアイデアも生まれるし、日野精機にできないものはない!そう自負しています」。


沖縄美ら海水族館のイルカショーの会場に設置されている日野精機のスピーカー。

滋賀の企業は環境への意識が高い!プチ幸せをいたるところに感じられる会社にしたい!


作業場とは思えないほど広々とした清潔感のある工場。

「環境面の取り組みでいうと、国際品質規格ISO9001、ISO14001を取得しています。琵琶湖をきれいに守るために、工場から汚水を出さないのは当たり前。社員の意識も高いし、やっぱり滋賀の企業はどこも環境面への意識が高いなぁって思います」。

創業40周年をむかえた日野精機株式会社では、ムリ・ムダ・ムラを省く、営業革新、購買革新、生産革新の三大革新を掲げたレボリューションプロジェクト(略してレボプロ)をスタート!

「例えば、5年で5億売り上げアップ!今より休日を増やして、社内のクラブ活動も増やす。若手活性化も課題のひとつなので、昔やっていたクラブ活動を復活させました。社員みんなで達成感を味わって、プチ幸せをいたるところに感じられるような会社にしたいです」。

今回、社内体制の強化やサービスの拡大に向けて、新しいスタッフを募集することに。若手社員の皆さんにもお話を聞きました。

この会社だけが女性も歓迎してくれた。国家試験を受けてスキルアップをはかりたい!


塗装グループの安田 彩乃さん。製品を検査するまなざしは真剣そのもの。いまどき珍しい車好き女子!

安田さんは入社丸3年。製品の検査、梱包、補修を担当しています。車が大好きで、自分で車の部品をスプレーで塗ったりしているうちに塗装の仕事に興味をもったのだとか。この会社は偶然ハローワークで見つけました。
「ほかにも塗装関係の会社を何社か見つけて電話したんですけど、どこも女性はダメだと言って会ってもくれず。この会社だけが、女性も歓迎ですよ!って言ってくれたので迷わず入社しました」。


かっこいい塗装グループ専用のロゴ入りつなぎ。着てみたい!

同じグループでは安田さんを入れて3名の女性が働いています。従業員の年齢の幅は広く、10代から70代の大ベテランの方もおられるそう。

「年齢はバラバラですけど、気軽に話をしてもらえるので、家にいるみたいにリラックスできます。はやく塗装の国家試験を受けてスキルアップをはかりたいです」。

職場も滋賀も恵まれた環境。ずっと働いていきたい!


組立グループの坂巻 美香さん。4月に入社したばかりのピチピチ、ピカピカの新入社員。

新入社員の坂巻さんにも聞いてみました。

「主にスピーカーの組み立てを担当しています。細かい作業が多く、覚えることがたくさんあって、ついていくのが大変。自分も力になれるよう毎日必死です。でも、皆さんほんっと優しくて、恵まれた環境だと思いますし、ずっと働きたいって思っています」。

坂巻さんは秋田県の出身で、10年前くらいに滋賀に引っ越してきました。

「滋賀県は自然が多くて都会のようにごちゃごちゃしていないし、住みやすくてとても気に入っています」。

主体的に動ける場所。責任もあるけど、任せてもらえるのは嬉しい。


ノリが良くてお話上手で、営業はまさに天職!な営業グループの小西 涼さん。

小西さんは入社6年目の営業担当。

「もともと税理士になりたかったんですが、びわこ放送で日野精機のCMを見て、楽しそうな会社だなと思って入社を決めました。営業はお客さまと現場の橋渡し役、お客さまの要望を正確にくみ取らないと、結局、現場が苦労することになるので、お客さんのニーズを最大限引き出すことを心がけています」。

はじめは何もわからない状態でのスタートでしたが、図面の読み方を勉強していくうち、お客さまと話をするのがどんどん楽しくなってきたそうです。

「お客さまと一緒になって製品をつくり、自分の携わったものが完成したのをみるとやりがいを感じます。大企業だと歯車のひとつになってしまいそうだけど、この会社は主体的に動けるのも魅力のひとつ。責任も大きいけれど、任せてもらえるのは嬉しいです」。

仕事以外にも、若手社員の活性化に向けて積極的に活動している小西さん。

「実は今日、キャッチボールクラブを発足したとこなんです。昼休みの時間を利用して、あたまのキャッチボールだけではなく、心のキャッチボールもして!?若手同士のコミュニケーションをはかっていきたいです」。

誰もが働きやすいように。下から目線でちょうどいい。


創業から社長3代にわたって勤める総務部 部長の外池 文夫さん。

最後に採用担当のおふたりに伺いました。
総務担当の外池さんが職場で大切にされていることのひとつが働きやすさ。

「総務の仕事は上から目線ではなく、下から目線でちょうどいい。誰もが働きやすい職場であるように、いつでも相談できる立場でないといけないと思っています。社員は全員、誕生日月にケーキがもらえますし、年末には全社あげての忘年会もあります。年に一度、最も頑張った社員に贈る「社長賞」というのがあって、受賞した社員は年末の忘年会で乾杯と司会をするというユニークな取り組みもあります」。

その甲斐あって、職場はどこを見てもとてもアットホームな雰囲気。

「最初から仕事ができる人はいないので、能力どうこうよりも、新しいことを習得したいという意欲の見える人、積極性をもった人にぜひ来てほしいです」。

主体的に頑張れば仕事は楽しいもの。一緒に会社を変えてくれる仲間がほしい。


社長のご子息で現在は技術グループ所属の福田 幸司さん。

福田さんは、技術グループのエンジニア。パソコン上で製図を行う設計ソフトCAD(computer-aided design)を使って音響機器を入れるラックや接続盤などの設計を担当。若手社員の活性化も任されています。

「まずは若手社員の意識を変えていきたいと思っていて、社外の研修にも積極的に参加しています。主体的に頑張れば仕事は楽しいもの。今変われば未来が変わるという世代を中心に、一緒に頑張っていきたいです」。

意欲的に主体的にかかわり一緒に変えていく。そんな大きなやりがいをもって働ける職場はそうないはず。

「レボプロ、若手社員の活性化など、日野精機はいままさに変わろうとしているところです。やりがいをもって働いてもらえると思いますし、成功したら自分の手柄にもなる。一緒に会社を変えていってくれる、会社に新しい風を吹かせてくれる、そんな熱意ある仲間を待っています」。


工場の外観。

(文・濱崎 正子)

日野精機株式会社の求人詳細
法人名
日野精機株式会社
募集業種
ダイカスト鋳造、塗装、組立、営業
雇用形態
正社員
応募資格
高等学校卒業以上、年齢45歳程度迄、未経験可、経験者歓迎
求める人物像
ものづくりに興味のある方、好きな方
リーダーシップをとって問題を解決することが好きな方
柔軟な発想で創意工夫し、業務に取り組むことが好きな方
勤務地
滋賀県蒲生郡日野町西大路2140
勤務時間
8:30~17:20
※週1回程度、夜勤勤務の可能性あり。
給与
院了、大卒 180,000円~200,000円
高専卒、短大卒、専門学校卒 160,000円~180,000円
中途採用者 年齢、能力等をふまえ当社規定により優遇
※試用期間3カ月は日割り計算による支給となります。(21.5日出勤予定)
※3カ月間のひと月あたり最低保証額
待遇
食事手当、皆勤手当、家族手当、通勤手当、定年後再雇用制度有、雇用、労災、健康、厚生、財形、年金
WEBサイト
http://www.hinoseiki.com/
メッセージ
設計から組立まであらゆるニーズにお応えするため、様々な分野に日々挑戦し続けています。
社員旅行などもあり、充実したライフ・ワークバランスを送れます。
わたしたちと一緒にものづくりで新しいあなたを発見しませんか?
選考プロセス
1)本サイト下部の応募フォームよりエントリーください。
2)1週間以内に弊社、担当者からご連絡いたします。
3)書類審査実施
4)審査後、合否に関わらずご連絡いたします。
5)面接実施(1〜2回)
6)面接後、合否に関わらずご連絡いたします。
7)採用決定

日野精機株式会社への応募フォーム

応募する前にもう少し詳しく知りたい、または相談したいという方

「記事がちょっと気になるので相談したい」「良さそうだと思うけど、自分に向いているかよくわからない」「そもそも、これからの働き方について悩みがある…」そう感じたらご相談のページへ。

今すぐにでもこの企業で働いてみたい!という方

「自分に合ってるかも!」「ここで仕事してみたい!」そう思ったら求人応募ページへ。

しがと、しごと。LINE@友達募集中

関連記事

  1. メイン

    グローバルに活躍する

    大企業でもやりたいことができる!『ヤンマー』で実現できる滋賀ならではの働き方とは

    『ヤンマー』と聞いて思い浮ぶのは、トラクター? 船? エンジン?“…

  2. モノをつくる

    木材リサイクルから始まる新展開!農業?スイーツ?チャレンジングスピリットで新たな未来へ

    「一片の木材も無駄にしたくない」。その信念から始まった木材リサイクル。…

  3. 人とかかわる・つながる

    “湖北らしさ”を伝える家づくり、地域と歩むコーディネーター

    人のつながりを大切にする内保製材の家づくり入った瞬間に感じる木…

  4. おいしいをつくる

    ”老舗和菓子屋”のイメージを一新!湖北地方から、和菓子界の未来を切り開く

    滋賀県北部、湖北地方の定番手土産といえば「ろくべえさんの草餅」。そ…

  5. おいしいをつくる

    素材を輝かせ、自分も輝く!酒粕を使った『湖のくに生チーズケーキ』で滋賀の魅力を世界へ発信

    滋賀県の発酵食品といえば『鮒ずし』が有名ですが、最近は新しい発酵スイー…

新着エントリー

おすすめ記事

相談

応募

LINE@

法人

  1. メイン

    グローバルに活躍する

    大企業でもやりたいことができる!『ヤンマー』で実現できる滋賀ならではの働き方とは…
  2. 工場見学1

    グローバルに活躍する

    20代が活躍できる職場ってどんなところ?秘密にせまる
  3. グローバルに活躍する

    見えないけれど奥深い”板バネ”の世界!ニッチな分野で社会を支える
  4. グローバルに活躍する

    米原で見つけた売上100億円の超優良企業!その実態に迫ってみました
  5. モノをつくる

    大切なことを大切にする、本気で取り組む”働き甲斐No.1企業への挑戦”。
PAGE TOP